2014年11月12日

小熊恒久さんのダーツ 初心者におすすめの練習

ダーツ小熊07.jpg

ダーツは、体を激しく動かしたり、対戦相手と力づくでぶつかり合ったり、瞬間的な判断を求められることがないので、手軽に始めることができるアクティビティですよね。
身体能力・運動神経なんかにはあまり左右されないので、大人と子供でも楽しく対戦することができますし、何人かでチームを組んで対戦する楽しさもあったりするわけですが、もし、もっとダーツがうまくなりたい!強い人と対戦して勝てるようになりたい!という思いがあるのであれば、自己流で投げやすいように投げていてはだめです。

ダーツには正しいフォームで投げる「型」みたいなものがあり、まずは型に当てはめるように投げる感覚をピシッと固定しなければ、いつまでたってもフライトをまとめることができません。
初心者と中級者を区別する一つの目安がフォームがどれだけ出来上がっているか?となるわけですが、中級レベルになったとしても狙い通りにダーツを投げるのは至難の業というのが事実です。

狙い通りにダーツを飛ばせるようになるには、基本を理解したうえで自分独自のフォームを作っていく必要があります。
誰だって体格に違いがあり、人によっては猿腕と呼ばれる特殊な骨格になっていたりするものですから、最終的には自分の骨格・体格に合ったフォームを見つけることが上達の最大のポイントになります。

自分のフォームなんて、知識・ノウハウが乏しい状態ではなかなか見つけることはできないものですが、小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法を使えば、何をしなければいけないのかが体系的にまとめられていますので、DVDの通りに練習をしていくだけで十分です。

ダーツ小熊01.jpg

小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法では、注意すべきポイントがあいまいではなく具体的にまとめられていますので、あなたが工夫して練習を取り組む必要はありません。

下のような悩みを持つ人がダーツ実践者にはたくさんいるものですが、

いくら狙って投げてもたまにしか狙ったポイントに入らない

一時的に高いスコアを出せても、安定して出すことができない

軌道が安定しない

どうしても力んでしまう


練習量と実力は比例する関係性があるのは間違いないものの、だからと言って間違った練習に取り組んだところで、思ったような効果が得られるものではないですし、場合によっては悪い癖が身についてしまいそれがさらに上達を阻むことになりかねません。

ダーツがうまくなりたい!と思うであればとにかく正しい練習をすることが不可欠で、あなたも自分のフォームを確立するように練習に取り組んでいけば、下のような結果を手に入れることが出来ますよ。

ダーツの軌道が驚くほど安定する

ダーツが自然にターゲットに飛んでいくようになる

ハットやダブルが当たり前のように決まる

調子を崩さずに投げ続けることができる


自分のダーツのどこがおかしいのかよくわからないままやみくもにノウハウを取り入れてしまい、フォームがさらにまとまりのない状態になる前に、
上級者が共通して身に着けている上達のコツを知り、ダーツボードに引き寄せられるように美しくフライトをリリースできるようになりませんか?

小熊恒久さんの小熊式ダーツ投げ方,上達,練習法で、ゲームで結果を出せないもどかしさを味わうのはさっさと終わりにして、ちょっとやそっとでは崩れない鋼のフォームを身に着けるにはこちら

ダーツ小熊06.jpg



http://kozawakouji.sitemix.jp/
http://daytrader.rakugan.com/
posted by 小熊恒久 at 08:18| ダーツ 初心者におすすめの練習 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。